太るサプリの効果と副作用を徹底調査!

太るサプリ研究所

太る食べ物

乳酸菌は太る?太りたい人に知っておいてほしい乳酸菌と体重増加の関係

更新日:

痩せ体質の方や、痩せ気味の体型に悩んでいる方、もっと健康的な体を目指して太りたいと考えている方は、太ると言われている食べものや飲みものを検討しようと考えているかもしれません。

しかし、「太りたい!」という勢いのままに食べものなどを食べまくるのは逆効果。いわゆる脂肪太りの状態になると、メタボリックシンドロームや生活習慣病などの病気のリスクがアップするため、健康第一を心がけることが大切です。

健康的に太りながら体内の消化・代謝機能を維持するためには、腸内環境を正常化することが第一。腸内環境が乱れてしまうと、基礎代謝に関わってくるので、太りたいと思っても思う通りにならなかったり、免疫力が下がってしまうなどさまざまなデメリットが考えられます。

今回は、腸内環境と密接にかかわる乳酸菌の摂り方について考えていきたいと思います。

乳酸菌は腸内環境に必要不可欠

乳酸菌は、生まれたばかりの赤ちゃんも体内に持っていると言われる、人間の消化器官になくてはならない細菌たちです。

腸内に生息する細菌のうち、乳酸をつくりだす種類のみが乳酸菌と呼ばれます。乳酸菌のつくりだす乳酸こそが、腸内環境のバランスを整えて、余分な老廃物を外に出したり、体の免疫力を維持してくれているのです。

人間の食べたものはすべて消化器官を通って外に出されますが、老廃物となるためには、臓器こそが健康で正常でなくてはなりません。腸の環境を改善してくれる乳酸菌は、痩せ体質の方でも太るためにはぜひ積極的に摂っておきたい成分です。

乳酸菌の摂りすぎは危険?

乳酸菌そのものが糖分のように脂肪太りにつながるわけではなく、摂取したからといって体重が増えたりする心配はありません。乳酸菌そのものが脂肪に直結する根拠はないので安心できます。

しかし、乳酸菌を含むヨーグルトなどには糖分やカロリーが多めに含まれている可能性があります。腸内のバランスを整えようとしてヨーグルトをたくさん摂ると、糖分を多量に摂取する可能性があります。このことによって、脂肪太りや血糖値の上昇などのリスクを負うことになる可能性はあります。

乳酸菌飲料には、味やのど越しなどを考えて飲みやすくしている製品もたくさんありますが、砂糖(ショ糖)が大量に入っているものなどは特に乳酸菌の効果よりも糖分の含有量の方が心配ですから、糖分などを意識して、健康に害の少ない乳酸菌を摂取するようにしましょう。

「太るサプリ」としておなじみの「ドクター・フトレマックス」は、牛乳に溶かして飲むだけで手軽に、生きて腸まで届く乳酸菌が摂取できる粉末状のサプリです。
フトレマックスには、甜菜の果糖しか使われていないため、血糖値を急上昇させるリスクがありません。
太るサプリとして有名なとおり、低分子化されたたんぱく質やアミノ酸、乳酸菌、果糖など体に必要な栄養成分が、吸収しやすいよう加工されて豊富に含まれています。

乳酸菌飲料だけで太るのはNG

食事や飲みものから太ろうと考えている方は、乳酸菌入りの食べものや飲みものだけに偏ってしまわないよう、食事のバランスを考えていくことをおすすめします。

先ほど紹介した太るサプリ、ドクター・フトレマックスのように、無理なく栄養を補っていくことで健康的な肉体を目指すのがベストです。

まとめ

乳酸菌にはヘルシーで健康的なイメージがありますが、砂糖が大量に入ったヨーグルトなどは血糖値が上昇するリスクがあるため気をつける必要があります。

太るサプリ・「ドクター・フトレマックス」なら、生きて腸まで届く乳酸菌が配合されており、血糖値をほとんど上昇させない果糖だけが使われているため、長く飲みつづけても安心して太る体づくりが行えます。

食べものや飲みものだけでは太れない、もしくは太りたいけど自信がない場合には、「太るサプリ」を使って、上手に一日の摂取カロリーを増やしてみてはいかがでしょうか。

-太る食べ物
-, ,

Copyright© 太るサプリ研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.